障がい者グループホームで働く生活支援員や世話人の仕事内容、資格などを解説!

障がい者グループホームで働く生活支援員や世話人の仕事内容、資格などを解説!
  • URLをコピーしました!

どうも。ふくたろう(@fukushienblog)です。

読者

・障がい者グループホームの世話人や生活支援員について教えてほしい
・世話人と生活支援員の違いって何なの?
・グループホームで働く世話人と生活支援員の給料ってどれくらいなの?

こうした疑問にお答えします。

ふくたろう

障がい者のグループホームのニーズは年々高まってきています。そこで働く世話人の重要性も増してきています。

本記事の内容
  • 障がい者グループホームの世話人とは?
  • 世話人と生活支援員の違い
  • グループホームで働く世話人と生活支援員の給料

▶︎本記事の信頼性

プロフィール

給料の低さにブログ・アフィリエイト開始→10ヶ月で総収益5桁達成|10,000PV突破!

本記事では、福祉業界で生きる私が障がい者グループホームで働く生活支援員や世話人の解説をしていきたいと思います。

ちょっとのすきま時間に読める内容になっていますので、興味のある方はぜひ参考にしてみて下さい。

※【登録は無料】福祉の仕事に就職・転職したい方のためにおすすめのサイトをまとめました。たった1分の登録時間があなたの未来を変えます。

>>生活支援員に就職・転職するためのおすすめ求人サイト12選【社会福祉士も必見】

目次

障がい者グループホームの世話人とは?

障がい者グループホームの世話人とは?

世話人は障がい者のグループホームで入居者のサポートをする仕事です。

  • 世話人の役割
  • 世話人の仕事内容
  • 世話人の配置基準
  • 世話人に必要な資格

ひとつひとつ解説していきたいと思います。

世話人の役割

障がい者のグループホームにて、利用者が自立した生活を送れるように日常生活の面でサポートしていきます。

世話人として働くには、利用者の障がい特性についてある程度の知識や経験があり家事全般を行える人が望ましいですが、未経験者でも十分取り組むことができる仕事です。

主婦の方であれば、家事・育児の経験が活かせます。

利用者のほとんどは自分の意思を伝えることが難しい人が多いので、その思いをくみとる洞察力や観察力が求められてきます。

障がいがある方の行動を先読みするような迅速な対応ができるようになるといいでしょう。

世話人の仕事内容

世話人は、利用者と接しながら身の回りの手伝いをします。

世話人の仕事内容は以下の通り。

世話人の仕事内容
  • 掃除:利用者の部屋やリビング、トイレなどの共用部
  • 洗濯:洗濯屋や洗濯物干し、乾燥、洗濯物たたみ
  • 食事:食事の準備、食器洗い、後片付け
  • 健康管理:バイタルチェック、健康観察
  • 金銭管理:お財布や家計簿の管理、出退勤管理
  • 服薬管理:朝・昼・夕の服薬の確認
  • 生活相談:日々の生活で困ったことや悩みなどの相談

上記の通り、世話人は利用者が必要とする総合的なサポートを行います。

介護業界と違って、肉体的な負担が少ないのが特徴です。

世話人の配置基準

世話人の職員数は、利用者数や施設の種類に応じて一定数以上配置しなければなりません。

グループホームには、3種類の運営形態があります。

以下、その内容となります。

介護サービス包括型日中サービス支援型外部サービス利用型
内容利用者の介護サービスを事業所内の従業員が提供するタイプの共同生活援助です。障がいの重度化や高齢化のために日中活動サービスなどを利用できない人を主な対象として、2018年に新設されたタイプです。介護サービスを事業所内の従業員が提供するのではなく、外部の居宅介護事業所に委託するタイプの共同生活援助です。
配置基準4:1または5:1または6:13:1または4:1または5:1
参考:みんなのグルホ

介助を必要とする入居者がいないグループホームでは、いわゆる「ワンオペ」で運営している事業所や施設が多いです。

ワンオペとは1人の従業員にすべての作業を任せることですが、専門知識や医療的なケアなどが出来なくても安心して働くことができます。

世話人に必要な資格

世話人の仕事は、世間一般的な家事能力で十分対応することが可能です。

したがって、仕事をするのに必要な資格などは特にありません。

未経験からでも働くことができます。

世話人と生活支援員の違い

世話人と生活支援員の違い

障がい者のグループホームには、世話人と同じように日常生活上のサポートや相談業務などを行う「生活支援員」がいます。

世話人と生活支援員の違いは、「介護」や「介助」を行うか、行わないかです。

詳しい内容に関しては、生活支援員と世話人の違いを教えます【介護や介助の有・無だけ】で記事にしてあります。よろしければ合わせてお読みになってください。

グループホームで働く世話人と生活支援員の給料

グループホームで働く世話人と生活支援員の給料

グループホームで働く世話人と生活支援員の給与事例は以下の通りとなります。

一緒に働くサービス管理責任者も含めています。

職種平均給与額
サービス管理責任者393,090円
生活支援員325,770円
世話人266,570円
参考:厚生労働省「令和2年度障害福祉サービス等従事者処遇状況等調査の結果

私の肌感覚ではもう少し低いと思います。

手取りで20万強といった印象です。

グループホームで働く場合は夜勤がつきものです。若いうちならともかく年齢を重ねるにつれて体力的に厳しくなってきます。

その辺りを考慮しましょう。

夜勤のきつさに関しては以下に記事を書いています。よろしければ合わせてお読みになって下さい。
生活支援員の夜勤がきつい5つの理由【給料はあがるけど・・・】

障がい者グループホームで働く生活支援員や世話人の仕事内容、資格などを解説!:まとめ

障がい者グループホームで働く生活支援員や世話人の仕事内容、資格などを解説!:まとめ

まとめたいと思います。

障がい者グループホームで働く生活支援員や世話人についてお分かりになっていただけましたでしょうか。

  • 障がい者グループホームの世話人とは?
  • 世話人と生活支援員の違い
  • グループホームで働く世話人と生活支援員の給料

日本国内の障がい者の人口は増加しており、障がい者グループホームのニーズは年々高まってきています。

ふくたろう

これから介護福祉関係の仕事に就きたい方には、障がい者グループホームはおすすめの仕事場です。

あなたの福祉職としての将来が明るい未来に向かうことを願っています。

今回は以上となります。

※【登録は無料】福祉の仕事に就職・転職したい方のためにおすすめのサイトをまとめました。たった1分の登録時間があなたの未来を変えます。

>>生活支援員に就職・転職するためのおすすめ求人サイト12選【社会福祉士も必見】

SNSでシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次