社会福祉士の資格内容から読みとる3つのメリット【福祉最強なワケ】

社会福祉士の資格を取る3つのメリット【福祉資格最強の理由はコレ】
  • URLをコピーしました!

どうも。ふくたろう(@fukushienblog)です。

読者

社会福祉士の資格内容からして、取るとどんなメリットあるの?

こうした疑問にお答えします。

ふくたろう

社会福祉士は福祉業界の頂点に立つ資格と言われています。取得するにはメリット・デメリットの両方から考えていかなければなりません。

本記事の内容
  • 社会福祉士の資格内容から読みとる3つのメリット
  • 社会福祉士の資格を取るデメリット

▶︎本記事の信頼性

プロフィール

給料の低さにブログ・アフィリエイト開始→10ヶ月で総収益5桁達成|10,000PV突破!

本記事では、福祉業界で生きる私が社会福祉士の資格内容から読みとるメリットをお話ししていきたいと思います。

※【登録は無料】福祉の仕事に就職・転職したい方のためにおすすめのサイトをまとめました。たった1分の登録時間があなたの未来を変えます。

>>介護職や生活支援員に就職・転職するためのおすすめ求人サイト12選

目次

社会福祉士の資格内容から読みとる3つのメリット

メリット

社会福祉士の資格内容から読みとるメリットは以下の通りです。

  • 資格手当がつく
  • 福祉の幅広い分野で活躍できる
  • 体力よりも知識とコミュニケーション能力で仕事ができる

ひとつひとつみていきたいと思います。

資格手当がつく

社会福祉士の資格を取得して、金銭面での恩恵があるのがこの「資格手当」です。

0円〜20000円くらいが相場とされています。

一番多いのが5000円〜15000円です。

相談業務で夜勤につくことはあまりないので、この資格手当と役職手当で差がつきます。

ハードルの高い試験に苦労して合格したわけですから、資格手当も充実している施設や事業所に勤めたほうが良いと思います。

また、全体的に他の福祉職と比べると給料が高めです。

これも社会福祉士の資格を取得する大きな魅力と言えるでしょう。

福祉の幅広い分野で活躍できる

社会福祉士の資格を取得する最大のメリットは職種の選択肢が広がることだと思います。

生活支援員や介護職員などいわゆる現場の福祉職を選んでしまうと、なかなか現場の仕事から抜け出すことができません。

例え、役職についても事務作業に没頭することはほとんどなく現場も兼務させられます。

身体的にも精神的にもつらくなってきた時に、いざ他の職種にキャリアチェンジを考えてみても結局は現場仕事になってしまうケースが大半です。

年齢を重ねてくると、重度の障がい者や寝たきりの老人介護が身体的に大きな負担になってきます。

腰痛や他の身体上の病気になってしまうこともあるでしょう。

そうしたときに社会福祉士を取得しておくと、次のステージを見つけやすくなります。具体的には

  • 老人ホームや児童福祉施設
  • 知的障がい者施設などの社会福祉施設
  • 地方自治体の福祉事務所
  • 病院、保健所などの医療機関
  • 福祉サービスを行う民間企業

など様々な機関に所属し、日常生活を営むのに支障がある方たちに対して助言や指導、福祉サービスの提供を行います。

その方の事情を聴いて相談にのり、的確な助言をする。

それを「相談業務」と呼んでいます。

この相談業務に就くことで、福祉の世界をより広く、深く知ることができるでしょう。

体力よりも知識とコミュニケーション能力で仕事ができる

生活支援員や介護職員の現場では、知力よりも体力が求められます。

重度の障がい者や寝たきりの老人の食事、入浴、排泄時に移乗介助があるからです。

体力的に自信のない方にとってはつらい職場と言えるでしょう。

反対に相談業務は体力は必要ありません。

相談業務は基本的には日勤の仕事であり、業務内容も知識と経験を駆使してアドバイスをすることが中心となってきます。

自分の知識を活用して人と「コミュニケーション」をはかるのが仕事なので、社会福祉士を取得して相談業務に転職すれば現場の仕事よりも高度なスキルを体得でき、自信をつけることができるでしょう。

社会福祉士の資格を取るデメリット

デメリット

社会福祉士の資格を取るのは大変です。

福祉系の4年制大学を卒業した方以外は1年以上養成課程を修了しなければなりません。

おまけに社会福祉士の試験自体が出題範囲が幅広く、深い内容となっているためかなりの勉強時間をさくことが必要になってきます。

仕事から帰ってきて疲れた体にムチ打って勉強するだけでも大変なことです。

加えて、独身者や実家暮らしの方はいざ知らず家庭持ちで共働き、子育て真っ最中となると家事や育児も出てくるため大変さに追い討ちをかけます。

資格取得を志す受験生は覚悟して望むようにして下さい。

社会福祉士の資格内容から読みとる3つのメリット【福祉最強なワケ】:まとめ

まとめ

いかがでしたか?

社会福祉士の資格内容から読みとるメリットがお分かりになったでしょうか。

  • 社会福祉士の資格内容から読みとる3つのメリット
  • 社会福祉士の資格を取るデメリット

資格を取得したいと思ったら迷わず、早いうちに挑戦しましょう。

特に若いうちがいいです。年齢を重ねると物覚えや生活環境面で不利になってきます。

興味のある方はすぐにでも勉強に取り掛かりましょう。

社会福祉士を取得したら常に精進していく気持ちを忘れないようにしましょう。
社会福祉士は勝ち組だと勘違いしてませんか?【実はそうでもない】

ふくたろう

今回は以上となります。

※【登録は無料】福祉の仕事に就職・転職したい方のためにおすすめのサイトをまとめました。たった1分の登録時間があなたの未来を変えます。

>>介護職や生活支援員に就職・転職するためのおすすめ求人サイト12選

SNSでシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次